【6th単体考察】珠めざ岩ゲンガー

f:id:rainyswaggerdendemi:20161107153551g:plain

ゲンガー@命の珠

135-🍅-80-182(252)-96(8)-177(248) 臆病

シャドボ 気合玉 めざ岩 道連れ

 

182珠めざ岩で

175-125ガモスに対して確一

191-125ガモスに対しても悪くない乱数で落とせる

 

今なお増え続けるウルガモス入りの構築、特に強力な選出パターンといわれるガルクレセガモスに対するメタ

 

初手のゲンガーvsガルーラ対面で道連れを押し、かみ砕くなどで落としに来ればこちらにメガが残った状態で2-2

=アド

対面素秘密で麻痺っても突っ張ってきてかつ動いて当てれば珠気合玉で一矢報いることができる

 

道連れor鬼火読みでの素猫→ウルガ引きや即引きに対してはその後ほとんど引かれることはないため珠めざ岩が通りやすく数的有利から勝ちに大きく近づく

=爆アド

裏から仮にスカーフガモスが出てきたとしても道連れで1-1とればそこまで不利とはならない またこの場合ガモス側が一撃で落とされることはまず想定していないため、炎の舞等で様子を見てくることも考えられる

 

敵のガルーラ視点では催眠術などの可能性があるとはいえ、メガ枠であるガルーラと素ゲンガーを1-1とらせることや鬼火を貰うのは避けたいため、素猫の後は引いてくることが多くこの場合数的有利を取りやすい

 

ただ問題はメガガルーラでなくメガゲンガーを選出された場合、例えばゲンガースイクンガブリアス(スカーフ)のような選出に対しては、初手でミラーで勝つ可能性がかなり低い(最速でない)ため置物となってしまう点 このような選出は汎用性が高く取り巻きで出させないようにするのが難しいので出されないよう祈るしかない

またガルーラクレセと出してくれたとしても、型がばれた後メガしていない猫ガルとクレセで回されるとこちらが厳しい択を迫られる点もある

 

このようなピンポイントな型でパーティを圧縮するよりも個々の単体性能を高めたほうが全体的な勝率が上がるのは間違いない レートシーズンの終盤にこういう刺さるポケモンに気付ければワンチャンあるかといった程度🍅🍅🍅