【S4】おつめん

5億年ぶりの更新

 

f:id:rainyswaggerdendemi:20170709070854g:plainf:id:rainyswaggerdendemi:20170429045459g:plainf:id:rainyswaggerdendemi:20170615060727g:plain

 

s4はおもに下記の3匹を中心にしたPTで潜った。

 

カプ・コケコ@眼鏡

10万 マジシャ ボルチェン めざ炎

145-x-106-147-95-200

 

ポリゴン2@輝石 ダウンロード

10万 冷ビ 自己再生 トリル

191-x-126-157-115-80

(156+2じゃれz最高乱数切り耐え余りC)

 

ミミッキュ@フェアリーz

じゃれ 影撃ち 剣舞 トリル 

151-145-122-x-125-116

(233フレアドライブ最高乱数切り耐え B<D 余りA)

 

前までのシーズンに比べて攻め寄りのPTが多いと思ったので、それへの切り返しとなるトリックルームという技に着目した。

基本的に初手コケコを投げ、10万強化+催眠無効のポリ2を作りつつ、ポリ2でトリルを張ってポリ2またはミミッキュで抜いて行ったり、ミミッキュ自身がトリルを張って抜いていくことを勝ち筋としている。

相手から警戒されない勝ち筋を用意できる点は非常に強力だった。

 

f:id:rainyswaggerdendemi:20160713051509g:plainf:id:rainyswaggerdendemi:20170709070904g:plainf:id:rainyswaggerdendemi:20170717232810g:plain

残り3匹はいろいろ試したが、2100にかすった時はオボン吹き飛ばしカバ、ボディパ飛行zカグヤ、剣舞リザXであった。主に軸のコケコポリミミッキュと、崩しルートのカバリザ+zの2通りを選出していた。

 

これを使い始めてから18-1で2100まで行けたので強いPTだと思っていたが、 そのあと負けが込み始めて欠点が露呈してきた。それは重いポケモンが増えてきたというのもそうだが、選出がほぼ二極化しているのでそれぞれの選出ができなくなるポケモンが相手に使われているとその時点で負けが濃厚になるということであった。そこで選出がなぜ二極化しているかを考えたところ、並びとしてのシナジーはあっても単体としての性能が微妙なポケモンばかり使っているからだという結論に至った。(例えばzテッカグヤを通していくためにはステロを撒くためにカバルドンが絶対選出になるなど)これを解決しようと試行錯誤したがレートが上がることはなくPT解散となった。

 

単体で強い型のポケモンを詰め込むだけではなかなか勝ちきれないが、かといって性能を相互に依存しすぎるのも柔軟性に欠けて弱いので、そこの兼ね合いが強いPTを考えていく上で重要だと思った。(トホホ)(完)

 

追記:ミミッキュの調整について

s4で耐久調整を施したミミッキュを使っていた方が多かったので、私も詳しく書いておこうと思います。

今回記載した調整

151-145-122-x-125-116

は、メガバシャーモの数があまりにも多かったので、立ち回りの幅を増やすために最終日付近に

159-156-104-x-125-116

(+1陽気ギャラ滝耐えのテンプレ)

から変更したものです。

233フレドラを耐えたいというところからスタートし、努力値256ではどう振り分けても耐えることができないことから最初にHBに振り分け余りをAに振る方針で考えました。

このポケモンはBを最大限に振り余りをHに回すことでAに使える努力値が最大になりますが、BをHに回しても物理方面がほぼ緩まないのに対し特殊方面は大幅に固くなるので、どこまでHに割くか悩まされました。

そこでB<Dを基準として

149-145-124-x-125-116

と仮決定し、149-124と151-122の乱数が同じだったので

151-145-122-x-125-116

としたところ、

200テテフのPFサイキネを確定耐え[〜145]できるだけでなく、211晴れ放射を一つ切って耐え、222素祟り目と156Zドロポンを二つ切って耐えられるようになり、DL対策及び特殊耐久の確保という二つの恩恵を得ながら、233フレドラを一つ切って耐えつつその中でAを最大まで伸ばすことが出来ました。

最後にA調整について・・・

他の方のブログでA11n調整と称した意地っ張りA143のミミッキュを見かけました。11n調整は補正をかけた際に切り捨てで無駄になる数値がなくなる調整ですが、A143だろうが144だろうが145だろうが合計数値は変わらないし、偶然143になった とか 色々調整した結果141になってしまったので他を妥協して143にした とかならまだしも意図的に狙いに行く調整と呼べるような代物ではないと思います。それにミミッキュというポケモンはAの種族値が低く実数値1の差が非常に大きい為、可能な限り伸ばすべきだというのが私の考えです。

色々語りましたが見ての通り数値が汚く、これが対メガバシャーモを意識した時の最適の配分だと言える自信はあまりないので、これより優れた調整を誰かが考えてくれることを祈ります(もう既にあるかも)